土日でもキャッシングできるおすすめの業者はココ!

アコム

アコム

アコムがイチオシな理由は本来借入申し込み時に必要な勤務先への在籍確認を後日にしてくれるからです!また最短30分程度で審査も完了させてくれるので、とにかく今すぐお金が必要!なんて人にはもってこいのキャッシング業者であるといえますね!お金の引き出しは自動契約機(むじんくん)に行く必要はありますが、設置台数も多いのでまず、困ることはないのも嬉しいところです。ちなみに新サービスとして、30日間は無利息でキャッシングが可能になりました!無利息で借入できるわけなのでかなりお得度も高いこともおすすめできる理由の一つですね!

 

キャッシングは土日でも、できる業者があるんです!

おそらく当サイトに訪問してくれたということは、
今ちょうど土日でお金がすぐに必要!なんて人もいるかもしれません。

 

また過去の経験で、週末どこかに遊びに行っている時、
結婚式などで急な出費でお金が必要になった時にお金の工面ができず困った、、
なんて経験した人もいたかもしれません。

 

当サイトではそんな風にお困りの方でも、
土日にキャッシング可能な業者のみピックアップして紹介しようと思います!

 

土日でもキャッシングできる可能性が高い順に業者をピックアップしてみました!

アコム

アコム

アコムのおすすめポイントとしてまず、初めて借入した場合ですと30日間無利息でキャッシングできる!という点ですね!無利息になる金額の制限もない(〜5万円までなど)ので正真正銘、無利息で借入することが可能です!それと実質年率自体も4.7%〜18.0%と銀行系キャッシングの中でも低めに設定されていますし、融資可能な額としても500万円まで可能とかなりスペックの高い会社です!

実質年率 利用限度額 即日対応 無金利サービス
4.7%〜18.0% 1〜500万円

 

プロミス

プロミス

プロミスで土日にキャッシングする場合、インターネットで申し込み後の在籍確認を書類提出で代用することが可能です。必要な書類は「運転免許証(パスポート)」「給与明細(直近2か月分)」「源泉徴収票(借入金額による)」で、写真を撮りメールに添付する形で提出します。審査までの時間はちょっとかかります(1〜2時間程度)ので、少し時間に余裕があれば利用してみると良いと思います!ちなみに無利息になる金額は特に制限がなく、ご自身の利用限度額内の借入分は対象とのことですね。

実質年率 利用限度額 即日対応 無金利サービス
4.5%〜17.8% 500万円まで

 

ノーローン

ノーローン

ノーローンの場合もアコムと同様、後日在籍確認をする形をとっているみたいですが場合によっては対応できない時もあるとか、、そのため必ずしも土日にキャッシングできるわけはないみたいですが、もしキャッシングできるとなると…何度も使える1週間無利息サービス(完済していれば月に1回の利用可能)、提携先である楽天銀行への24時間振込可能なので、かなり利便性の高いキャッシングでおすすめです!

実質年率 利用限度額 即日対応 無金利サービス
4.9%〜18.0% 1〜300万円

 

 

土日でかつスピーディーにキャッシングするのであれば、管理人イチオシはアコムです。
ただもし時間に余裕があるのであれば「プロミス」、ひょっとしたら無理かもしれませんが…
お得に借入したいのであれば、サービスに魅力の「ノーローン」といった感じで選ぶとよいでしょうね!

 

土日にキャッシングを成功させるための3つのポイント

土日にキャッシングを成功させるためのポイントをまとめますと、

 

審査で重要な職場への在籍確認を当日は不要、もしくは代用の書類で対応可能であること
キャッシングカードを受け取る業者ATMが近くにあること
365日24時間振込み対応可能な銀行口座がある

 

これらをおさえておけば、あとは借入審査次第、
過去に金融事故などを起こしていない、総量規制に引っかかっていなければ、
かなり高い確率で土日にキャッシングすることは可能です!

 

金融事故について

金融事故というと過去に支払いが遅延した、返済が滞っている、もしくは自己破産などの債務整理をしている場合のことを指します。こういった場合ですと、かなりキャッシングは難しくなります。金融事故で見落としがちなのが「携帯料金の支払い」に関するトラブルです。もし携帯料金の支払いが遅れたことがある人は要注意です。ちなみに公共料金の支払いをカード引き落としにしている人で引き落としができなかった経験がある人も注意が必要です。なんにせよ、支払いをきちんとしていないことが過去にあれば、金融事故に該当してしまっているかも…と思ってもらった方がよいですね

 

総量規制について

総量規制とは年収の3分の1以上の借入はできない、規制している法です。例えば年収400万円の人であれば、133万円以上の新規借り入れはできないということになります。ただこの総量規制、全ての借入が対象になるわけではないのがややこしいところで、「銀行からの融資」や「現状借入している金利より低い金利での借入」に対しては適用されません。要するに借入する人がより有利な条件で借入する場合は関係ありません。多重債務者救済処置のための法改正といわれたこの総量規制ですが、結局借入できる人もいれば、逆に総量規制の対象となってしまい、仕方なくヤミ金にはしるなど…本来の役割を果たせていないとも言われています。